発行元:株式会社医療経営
TEL
“病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

info一般社団法人 医業経営研鑽会より
池田 宣康共著の書籍が出版されました

いまから取り組む! 
病医院経営の“出口戦略”|Amazon 詳細ページへ
創刊 医療経営
創刊 医療経営のパンフレット続きはこちら

将来の医療制度を見極め

医療経営に生かす

高度成長時代における医療機関の経営は、高い診療報酬により安定的な経営が比較的容易でした。しかし、高齢化社会が本格化し国が支出する社会保険料が増大する中、医療と介護の連携、包括制度の導入、診療報酬のマイナス改定等により年々、経営環境が厳しくなってきた事はご存知の通りです。

特に7割を賄う社会保険制度の収入が主な医療機関の経営において、国が考える医療制度を見極め、その方向性に合わせていかなければ、経営が行き詰まってしまうことは必至です。そのためには、常に最新の情報を入手し、経営に活かさなければ、閉院せざるを得ない状況が現実のものとなってきました。 また人口減少が現実のものとなる一方で、近隣の競合医療機関の増加などにより「患者さんから選ばれる時代」へ突入したと言えます。 

今後の経営は、「人の命を守る」と同時に「サービス業」であるということも自覚して経営のかじ取りをする必要があります。 そのための自院における経営戦略と実行が自院が発展するか衰退するかの分かれ道になるのではないでしょうか。

トピックス

デフォルト画像

2021/11/25

今月の視点:病医院の親族外承継を成功に導く3つのポイント

経営者にとって最後の大仕事、それが「事業承継」と言われますが、承継者がまだ確定していない病医院の理事長にとっても事業承継は大きな仕事であり、また悩みの種でしょう。   日本医師会総合政策研究機構が2019年に発…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2021/10/28

今月の視点:自院の評判を良くするための絶対条件

「自院の評判を良くするにはこれが絶対条件ですね!」と確信をもってお話しされたのが「看護師の採用・マネジメント実践法」と題してインタビューしたジョイン-ハンズ株式会社 輿石 光希(こしいし みゆき)代表から出た言葉です。 …

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2021/9/30

今月の視点:看護師採用コストを大幅に削減する採用・マネジメント術

これまで長年にわたり職員の採用およびマネジメントについての悩みを理事長、院長先生、事務長から耳にしてきました。 とりわけ看護師の一斉退職が発生したときには病床稼働に支障をきたすことから、人材派遣会社や紹介会社へ支払うコス…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2021/8/26

今月の視点:クリニックの現場動向から考える、3つのトピックス

2020年春から夏にかけて新型コロナウイルスの影響から来院患者数が激減しこの先どうなるのかまったく先が見えないと心配された院長先生も多かったと思います。 そしてオリンピック開催前後から再び感染拡大が報告されコロナウイルス…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2021/7/22

今月の視点:スタッフが辞めない病医院経営とは? 組織作りで意識するポイント

今から12年前の2009年に公表された日医総研のワーキングペーパー「開業動機と開業医の実情に関するアンケート調査」によると、開業医の管理面での業務で負担になっている項目として「スタッフの採用」が第1位、そして「スタッフの…

>>詳しくはこちらへ