発行元:株式会社医療経営
TEL

info一般社団法人 医業経営研鑽会より
池田 宣康共著の書籍が出版されました

いまから取り組む! 
病医院経営の“出口戦略”|Amazon 詳細ページへ
創刊 医療経営
創刊 医療経営のパンフレット続きはこちら

将来の医療制度を見極め

医療経営に生かす

高度成長時代における医療機関の経営は、高い診療報酬により安定的な経営が比較的容易でした。しかし、高齢化社会が本格化し国が支出する社会保険料が増大する中、医療と介護の連携、包括制度の導入、診療報酬のマイナス改定等により年々、経営環境が厳しくなってきた事はご存知の通りです。

特に7割を賄う社会保険制度の収入が主な医療機関の経営において、国が考える医療制度を見極め、その方向性に合わせていかなければ、経営が行き詰まってしまうことは必至です。そのためには、常に最新の情報を入手し、経営に活かさなければ、閉院せざるを得ない状況が現実のものとなってきました。 また人口減少が現実のものとなる一方で、近隣の競合医療機関の増加などにより「患者さんから選ばれる時代」へ突入したと言えます。 

今後の経営は、「人の命を守る」と同時に「サービス業」であるということも自覚して経営のかじ取りをする必要があります。 そのための自院における経営戦略と実行が自院が発展するか衰退するかの分かれ道になるのではないでしょうか。

トピックス

デフォルト画像

2020/1/30

今月の視点:自院の繁栄の鍵を握る「細部へのこだわり」

自院の繁栄を判断できるバロメータの1つとして、継続的に医業利益が積みあがり、併せて勤務医時代と比較して高額な役…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2019/12/26

今月の視点:親族内承継の現実 

ここ数年、M&A事業を取り扱う会社が次々と上場し好業績を上げています。 ご存知のとおり、日本の人口ボリュームの…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2019/11/28

今月の視点​:病医院繁栄のキーワードは、患者のよろず相談 

ここ数年、士業と言われる税理士や弁護士の業界では、定型的な業務をこなしているだけでは報酬額が減少していく一方だ…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2019/10/31

今月の視点:自院の繁栄を継続できる院長の条件とは? 

ここ20年来、病院は医療から介護へのシフトや地域に適した機能分化への対応から病床数は減少を続け経営は過渡期を迎…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2019/9/26

今月の視点:経営判断に不可欠な「俯瞰(ふかん)して見る技術」

「今月のキーマンに訊く」は、株式会社Healthe Oneの小柳社長とのインタビューでした。同社は、医師には診…

>>詳しくはこちらへ