発行元:株式会社医療経営
TEL
 経営戦略としての医師の働き方改革セミナー
ご要望確認シート
良い看護師の採用・マネジメント実践法

info一般社団法人 医業経営研鑽会より
池田 宣康共著の書籍が出版されました

いまから取り組む! 
病医院経営の“出口戦略”|Amazon 詳細ページへ
創刊 医療経営
創刊 医療経営のパンフレット続きはこちら

将来の医療制度を見極め

医療経営に生かす

高度成長時代における医療機関の経営は、高い診療報酬により安定的な経営が比較的容易でした。しかし、高齢化社会が本格化し国が支出する社会保険料が増大する中、医療と介護の連携、包括制度の導入、診療報酬のマイナス改定等により年々、経営環境が厳しくなってきた事はご存知の通りです。

特に7割を賄う社会保険制度の収入が主な医療機関の経営において、国が考える医療制度を見極め、その方向性に合わせていかなければ、経営が行き詰まってしまうことは必至です。そのためには、常に最新の情報を入手し、経営に活かさなければ、閉院せざるを得ない状況が現実のものとなってきました。 また人口減少が現実のものとなる一方で、近隣の競合医療機関の増加などにより「患者さんから選ばれる時代」へ突入したと言えます。 

今後の経営は、「人の命を守る」と同時に「サービス業」であるということも自覚して経営のかじ取りをする必要があります。 そのための自院における経営戦略と実行が自院が発展するか衰退するかの分かれ道になるのではないでしょうか。

トピックス

デフォルト画像

2024/1/31

今月の視点:かかりつけ医機能と医療機関での対応

日本におけるかかりつけ医機能報告制度ができた背景には、高齢化社会の進展や生活習慣病の増加、医療技術の進歩などにより、患者一人ひとりの医療ニーズが多様化していること、そしてこれらの変化に対応するために、効率的で質の高い医療…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2023/12/28

今月の視点:新NISAの仕組みと全世代別の活用術の理解

10月号の「今月の視点」でもお伝えした新NISAは、2024年1月からスタートします。運用益の非課税期間がこれまでの5年から無制限、投資枠が年間360万円に拡大、総額1800万円まで運用できるようになり、投資する側にとっ…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2023/11/30

今月の視点:医師の働き方改革は、自院の生産性向上の取り組みを考える好機

2018年に成立した「働き方改革関連法」によって、大企業から順次対応してきた働き方改革は、2024年4月からいよいよ医師の働き方改革にも新しいルールがスタートします。   AIP経営労務合同会社の大澤範恭先生が…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2023/10/26

今月の視点:定額積み立て投資の威力 新NISA、確定拠出年金による資産形成術

2024年から新NISAがスタートします。運用益の非課税期間が5年から無制限、投資枠が年間360万円に拡大、総額1800万円まで運用できるようになり、投資する側にとって非常にメリットの大きい制度改正となりました。 &nb…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2023/9/28

今月の視点:増患対策のためのウェブマーケティング分析

一昔前、受診のためにクリニックを探すときは、親族や友人、近隣の評判をたよりにしていました。 しかし、昨今は人間関係が希薄化し近隣での口コミで訪れる患者も少なくなっているように感じます。 先日、首都圏郊外に位置するクリニッ…

>>詳しくはこちらへ