発行元:株式会社医療経営
TEL
創刊 医療経営
創刊 医療経営のパンフレット続きはこちら

将来の医療制度を見極め

医療経営に生かす

高度成長時代における医療機関の経営は、高い診療報酬により安定的な経営が比較的容易でした。しかし、高齢化社会が本格化し国が支出する社会保険料が増大する中、医療と介護の連携、包括制度の導入、診療報酬のマイナス改定等により年々、経営環境が厳しくなってきた事はご存知の通りです。

特に7割を賄う社会保険制度の収入が主な医療機関の経営において、国が考える医療制度を見極め、その方向性に合わせていかなければ、経営が行き詰まってしまうことは必至です。そのためには、常に最新の情報を入手し、経営に活かさなければ、閉院せざるを得ない状況が現実のものとなってきました。 また人口減少が現実のものとなる一方で、近隣の競合医療機関の増加などにより「患者さんから選ばれる時代」へ突入したと言えます。 

今後の経営は、「人の命を守る」と同時に「サービス業」であるということも自覚して経営のかじ取りをする必要があります。 そのための自院における経営戦略と実行が自院が発展するか衰退するかの分かれ道になるのではないでしょうか。

トピックス

デフォルト画像

2018/10/25

今月の視点:院長自らスタッフの立場を理解しようとしていますか?

組織である限りそこは様々な考え方を持った人間の集まりです。スムーズに仕事を遂行できる組織にまとめ上げるには苦労…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2018/9/27

今月の視点:経営者が抱えるストレスに対処する方法は?

ストレスとは、悩みごと、心配事、苛立ち、プレッシャーなどから引き起こされる精神的・肉体的重圧を指すものですが、…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2018/8/31

今月の視点 : クリニックの院長がコンサルタントを活用する場面

「今月の視点」7月号『進む「医業と経営の分離」と対応について』のなかで、病院の経営を外部コンサルタントに依頼す…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2018/7/17

今月の視点:進む「医業と経営の分離」と対応について

今秋出版予定の病医院の事業承継、M&Aの本を一部執筆することになった関係で、第三者承継について会社や医…

>>詳しくはこちらへ

デフォルト画像

2018/6/15

今月の視点:企業の不祥事から考える、自院の危機管理と心構え

最近、大手企業での改ざんや個人情報の漏洩など意図的であってもなくても不祥事としてマスコミで大きく取り上げられる…

>>詳しくはこちらへ